「日本語オンライン」日本最大級の日本語教師求人・交流サイト
日本語教材なら「日本語ブックス」「大阪・本町店」(1:30~5:30)「東京・四谷」10:00~5:30)
(月~
   →個人(地図)  (インターネット店) →団体(団体会員専用)注文書

 

お知らせ

日本語ブックス 東京・秋葉原店 2019年8月5日オープン!

★アクセス (地図は、→7月号表紙

JR・地下鉄『秋葉原駅』 昭和通り口より徒歩5分

都営新宿線『岩本町駅』  A3出口より徒歩1分

〒101-0033  東京都千代田区神田岩本町1-1 岩本町ビル3F
TEL 0120-776-713 FAX 0120-776-714


 

「ビザ発行可能な日本語教育機関」

「2018年版 日本語教育機関総覧」 →(初回掲載校用調査票)「2019年版」データ初回入力用ファイル
                   →(前回掲載校用調査票)「2019年版」データ更新入力用ファイル
                   記入上の注意

「日本語ブックス通信(新刊案内)」「J.TEST練習問題」

●2019年7月31日new「日本語ブックス通信」「2019年7月号」「8月号バックナンバー
●2019年7月31日new読解教材、練習問題毎月公開(読解)http://j-test.jp/wadai(問題)http://j-test.jp/page_id=2066
 

学会・研究会・催事案内ご利用にあたっての注意事項

学会・研究会・催事案内の登録にあたっては、注意事項をご覧ください。
*規定違反の場合は、断りなく削除します。 
研究会、学会の案内の他に、イベントや「短期の講座」*の案内にご利用ください。
「短期の講座」*=2か月以内の講座(3か月をまたぐ講座は掲載不可。)
2 (学会や研究会以外は)投稿日から3か月以内に開講されるイベントのみに限定します。
3 個別の学校説明会は、学校主催のイベントのみ掲載可能です。➡注意事項
4 同一団体、同一会場のイベントは、1か月に2回までとします。
 

催事・イベント

学会・研究会・催事案内 >> コンテンツ詳細
表示内容を印刷します
記入者:jfcafe

日本語教材の購入は「日本語ブックス」で

(★ 団体向け販売)
会員特典盛りだくさん!お問い合わせください。● 書籍注文書 ➡ (団体会員用)注文書

(★ 個人向け販売)
 送料無料。ポイント有。インターネット書店3%。

「大阪・本町店」(1:30~5:30)→ 大阪店HP 「東京・四ッ谷店」(10:00~5:30)
(月~土)
   (地図・インターネット店)
 

今年も一言&2019年の目標

残りあと8年。さらに急がねば。と管理人は、またまた思った。2019年1月1日

今年もまたまたまたもや同じ!「暗いと不平をいうよりも、明かりをじゃんじゃんつけましょう」
 <5つのじゃんじゃん。1つのいらないじゃん。>
 1 本をじゃんじゃん出します。
 2 情報をじゃんじゃん発信します。
 3 日本語学習に役立つ情報をじゃんじゃんのせます。
 4 教師のネットワークをじゃんじゃん広げます。
 5 教育機関のネットワークもじゃんじゃん作ります。
 6 でも、税金の無駄遣い・補助金をあてにするようなことはいたしません。次女努力・・・自助じゃん
 

運営会社

運営会社 株式会社語文研究社
 
136-0071
東京都江東区亀戸1-42-18 日高ビル 8F
電話 03-5875-1231 (平日月~金 午前10時~午後5時半)
FAX 03-5875-1232 

e-mail
 info★nihongo-online.jp (メールを送る際には★を@にかえてください)

現在のサイト管理者 秋田
主な事業
サイトの運営: 「日本語オンライン」(日本語教育に関する総合サイト)
語学教材の出版: 「ニューアプローチ中級日本語基礎編」「中国語会話301」等
語学試験の実施: 「J.TEST」「C.TEST」
日本語専門書店の運営: 「日本語ブックス」 http://books-online.jp/
 
日本語教材は[日本語ブックス]
3000円(本体)以上送料無料。ポイント有。インターネット書店3%。
(月~
   →(インターネット店
「大阪・本町店」(1:30~5:30)
 → 大阪店HP
「東京・四ッ谷店」(10:00~5:30)

 
カウンター
1999.10.10~10667205
ニュースリンク(TV・新聞)
<新 聞> ・読売 ・朝日 ・毎日
 
サイト内検索(除旧求人・旧掲示板)
オンライン状況
オンラインユーザー57人
文化庁届出受理養成講座
文化庁届出受理の日本語教師養成講座
→ 届出受理の養成講座

 
日本語教師地位向上のために
「日本語教育発展のための国際フォーラム(仮称)」を立ち上げます。政府からの補助金に頼ることのない、日本語教育の持続的な発展を目指します。新掲示板準備中。