「日本語オンライン」日本最大級の日本語教師求人・交流サイト
日本語教材なら「日本語ブックス」「大阪・本町店」(1:30~5:30)「東京・秋葉原店」10:00~5:30)
(月~
   →個人(地図)  (インターネット店) →団体(団体会員専用)注文書

 

全ての国会議員の皆様に

「日本留学試験(EJU)」国内受験者激減。
大学の留学生減少に拍車。
原因は、日本語学校への新規入学規制。
今すぐ入国を再開しても、回復までに数年かかる見込み。

外国人留学生の共通テストに相当する「日本留学試験(EJU)」は、国内受験者が8割を占め、そのほとんどが日本語学校の学生。
海外の受験者は2割しかいない。
大半が日本語学校を通して大学生になる。
ところがここ2年間新型コロナ禍で日本語学校の新規入学が規制されたため、国内受験者が激減した。
2019年11月の国内受験者は、21,507名(海外は5,905名)だったが、2021年同月試験は9,547名と半減

春には、日本語学校の在籍者の大半が卒業し、在校生数がわずかとなる。このまま規制が続くと、来年6月の同試験の受験者は、これまでの10分の1になり、大学の重要な留学生受入れルートが崩壊し、将来の知日派が育つ環境がなくなる。
今すぐに日本語学校への入学が再開されても、入学後すぐには、受験できない。
大学受験レベルの日本語を習得するためには、最低でも1年~2年かかる。受験者数が回復(=大学の新入生数回復)するのは、数年後になる。

大学のグローバル化を進めるために一刻も早く、日本語学校(適正校)の新規入国を再開すべきである。

 

呼びかけ

2022年1月11日、政府の新たな政策が発表されました。
詳細が発表されるまで、署名活動の開始を一時保留にします。

充分な待機期間を設けた上で、留学生の新規入国を「再開」させましょう。
(2022年1月1日追記修正版)
1  国費留学生を含む留学生については、入国後14日間の厳格な隔離期間を設けて入国が認めらていましたが、現在中断されています。日本では、様々な文化イベントが開かれ、テーマパークでさえも何か月も前に再開され、連日ぎわっています。しかし留学生は14日の待機・隔離期間をもってしても、入国が許可されず、日本文化の輪の中に入ることを拒否され続けています。
「留学生」の入国を認めない国は、世界でほとんどありません。
 国費留学生は、将来各国で要職を担う貴重な人材であり、私費留学生もまた日本との懸け橋となる重要な担い手です。
 同世代の仲間が、日本以外の各国に、どんどん旅立ち、留学しています。日本を選んだ自分だけが、取り残されています。若い頃の貴重な期間を日本で過ごすことができず、現在も日本への留学がいつになるかわからない状態です。
 このままでは、日本を選んでしまったこと後悔させてしまいます。
 「留学生」の入国禁止は、せっかく日本に関心をもった若者の心を、遠ざける政策です。
 現在の入国希望者のみならず、各分野で活躍している留学経験者が、日本の対応に「がっかり」していることでしょう。
2 留学生を受け入れない日本は、日本に関心のある留学希望者を失望させています。
 これは、日本にとって大きな損失です。
 
何かあるとすぐさま、学ぶことを目的にしている留学生までも規制の対象にするような世界でもまれな「かっこ悪い国」だと思われることは、日本にとっていいことが何もありません。
「いざとなったら外国人を除外する国」「日本の理解者を軽んじる国」であると、世界に不名誉な印象を与えています。知日派も肩身が狭いことでしょう。
3 留学生の受け入れの重要性について
(1)留学生の受け入れは、国際的な関係を維持するために不可欠です。
 このため、各国では、留学生を積極的に受け入れています。
(2)留学生は、自国を離れ、自分の国の文化を様々な視点から見つめ直す機会を得ます。
 その際に、日本で生活することを選択し、日本を直に感じてもらい、「日本の視点」を知ってもらうことは、日本にとって非常にありがたいことです。
(3)入国後、充分な待機期間(例えば14泊)を設けるならば、感染を未然に防ぐことができます。
(4)全ての留学生関係者は、それぞれの立場で、各方面への働きかけを、積極的に!粘り強く!しましょう。
(5)なお、本サイトでは、留学生の新規入国に向けた署名活動を数日以内に開始します。
(1月15日開始予定の署名活動は、政府の方針が明確になるまで一時保留にします。)
 

外国人入試情報(学部)

外国人入試情報サイト 入試要項情報更新中。進路指導の参考に。
 
<J.TEST利用校 2021年版 最新版> 
上智大院、早大院、京大院など、135校掲載
→ https://j-test.jp/gakkou

◆「日本語ブックス通信(新刊案内 12月号)」「J.TEST練習問題」

●2021年12月6日new日本語ブックス通信」「2021年12月号●→バックナンバー
●2021年12月6日new練習問題毎月公開(問題)http://j-test.jp/page_id=2066
(読解)https://j-test.jp/wadai

◆「ビザ発行可能な日本語教育機関」
「2019-20年版 日本語教育機関総覧」  
(データの修正及び追加についてはこちら
 

学会・研究会・催事案内ご利用にあたっての注意事項

◆ 学会・研究会・催事案内の登録にあたっては、注意事項をご覧ください。
◆*規定違反の場合は、断りなく削除します。 
◆ 研究会、学会の案内の他に、イベントや「短期の講座」*の案内にご利用ください。

「短期の講座」*=2か月以内の講座(3か月をまたぐ講座は掲載不可。)
2 (学会や研究会以外は)投稿日から3か月以内に開講されるイベントのみに限定します。
3 個別の学校説明会は、学校主催のイベントのみ掲載可能です。➡注意事項
4 住所等連絡先が明記されているもの(無料講座を除く)=明記されていないと特定商取引法違反。

同一団体、同一会場で、日付だけ異なるイベントは、1回にまとめてください。まとめていない複数の投稿は削除します。
 

催事・イベント

学会・研究会・催事案内 >> コンテンツ詳細
表示内容を印刷します
new | 記入者:大原養成講座

今年も一言&2019年の目標

残りあと6年。さらに急がねば。と管理人は、またまた思った。2022年1月1日

春までに、「1」を実現します。「暗いと不平をいうよりも、明かりをじゃんじゃんつけましょう」
 <6つのじゃんじゃん。1つのいらないじゃん。>
 1 留学生の入国を再開させます。 
 2 本をじゃんじゃん出します。
 3 情報をじゃんじゃん発信します。
 4 日本語学習に役立つ情報をじゃんじゃんのせます。
 5 教師のネットワークをじゃんじゃん広げます。
 6 教育機関のネットワークもじゃんじゃん作ります。
 7 でも、税金の無駄遣い・補助金をあてにするようなことはいたしません。次女努力・・・自助じゃん
 

運営会社

運営会社 株式会社語文研究社
 
136-0071
東京都江東区亀戸1-42-18 日高ビル 8F
電話 03-5875-1231 (平日月~金 午前10時~午後5時半)
FAX 03-5875-1232 

e-mail
 data★★nihongo-online.jp (メールを送る際には★★を@にかえてください)

現在のサイト管理者 秋田
主な事業
サイトの運営: 「日本語オンライン」(日本語教育に関する総合サイト)
語学教材の出版: 「ニューアプローチ中級日本語基礎編」「中国語会話301」等
語学試験の実施: 「J.TEST」「C.TEST」
日本語専門書店の運営: 「日本語ブックス」 http://books-online.jp/
 
日本語教材は[日本語ブックス]
3000円(本体)以上送料無料。ポイント有。インターネット書店3%。
(月~
   →(インターネット店
「大阪・本町店」(1:30~5:30)
 → 大阪店HP
「東京・秋葉原店」(10:00~5:30)

 
カウンター
1999.10.10~12111935
ニュースリンク(TV・新聞)
<新 聞> ・読売 ・朝日 ・毎日
 
サイト内検索(除旧求人・旧掲示板)
オンライン状況
オンラインユーザー7人
文化庁届出受理養成講座
文化庁届出受理の日本語教師養成講座
→ 届出受理の養成講座

 
日本語教師地位向上のために
「日本語教育発展のための国際フォーラム(仮称)」を立ち上げます。政府からの補助金に頼ることのない、日本語教育の持続的な発展を目指します。新掲示板準備中。